2コン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマップ解散報道でネットが騒然!デマではないのか?

スマップ解散の報道で電撃がはしった人も多いのではないでしょうか?

かくいう私も、今朝のニュースで知り、飛び起きてしまいました。
今回のきっかけは日刊スポーツですが、それに続いてスポニチでも一面を飾りネット上では
「ギャグで終わって。」「泣きそう」「衝撃すぎて目がさめた」「信じられない」などと騒がれ大混乱模様。

真実が気になるところではありますが、日刊スポーツのサイトを確認したところ、このような書き出しで
書かれていました。

国民的人気グループSMAPの中居正広(43)稲垣吾郎(42)草なぎ剛(41)香取慎吾(38)が、
ジャニーズ事務所から独立することが12日、分かった。木村拓哉(43)は事務所に残る方向だが、
グループはこれで事実上の解散となる。

<引用:日刊スポーツ


かなり断定的な書き方ですが、どこからの取材でわかったのかハッキリと書かれていません。
私としては、半信半疑でこの情報と向き合っている。

仮にジャニーズ事務所への取材で分かったのなら、「12日、ジャニーズ事務所への取材で国民的人気グループ
SMAPの・・・(中略)・・・独立することが分かった。」となるのではないでしょうか?

事実、今朝のTBSの情報番組「白熱ライブビビット」で国分太一さんはこのように語っていました。

国分:「誌面を見る限り、スマップメンバーのコメントが何一つ語られていませんので、
僕からコメントできることは、これ以上ありません。」

日刊スポーツもスポニチも裏がとれてるから、堂々と一面を飾っているのかもしれませんが、
断定的な言葉が多いだけで、真実味が薄いのでは?と私は思っています。

いずれにしても、しばらくはこの話題で持ち切りになるのは言うまでもないでしょう。

私は熱狂的なSMAPファンではりませんが、小さい頃からテレビ番組やドラマで多くの影響を
受けたSMAPなだけに、この報道を受けて色々な意味でショックです。

スポンサーサイト

文章力とは?上手くなる以前に書き方すらわからないのに、ブログ再開してみました。

久しぶりの更新です。

勢い良くをブログを始めたものの、記事を更新することの大変さに心が折れていました。
同じようにブログを運営されている方なら理解していただけると思いますが、記事を書くって意外と
大変なんですよね。

普通に生活していたら、定期的に1000文字前後の文章をアウトプットする機会って中々ないですよね。
大学で論文を書いた経験のない私にとっては、知恵の輪以上の難しさでした。

それだけ、頭の中にある言葉を文章として吐き出すのは難しいんですよね。
という訳で長い間ブログを放置していました。それどころか、ブログを作ったことすら忘れていました。

そんな私が何故今頃になってブログを再開するのか?


一番のきっかけは経済的自由を諦めたくないという気持ちが強かったからです。
そして引き金となったのはネブサリというブログでした。
知らない方もいると思いますので、簡単に紹介するとアフィリエイトの情報を発信しているブログです。

何気なく見ていたのですが、私が知りたかった知識が凝縮されていました。
特にブログ記事の書き方を紹介する記事や、ブログを運営する上で必要となるキーワードの使い方が
詳しく書いてありました。

読んでいく内に、記事を書きたくなりブログの更新を再開する気力が湧いてきました。

文章力とは?


「文章力とは何か?」これが分からないがために、記事の更新に苦しみ、書くのが嫌になり、ブログを放置。
という結果を招いてしまいました。もちろん今も文章力が何なのか分かっていません。

文章力といっても色々あると思います。
面白く伝える文章力だったり、分かりやすく伝える文章力たっだり、イメージさせる文章力だったり、
行動させる文章力jだったり・・・etc

ブログで面白い記事が書ける人でも、新聞記者からすれば全然ダメな文章だったりすることもあります。
コピーライティングで読者にイメージさせて、行動させる文章を書いている人からすれば、
普通のライターが書いてる文章は魅力が無いと感じてしまうかもしれません。

それぞれの場面で要求される文章力は個々に違います。
極論を言ってしまうと、古文と現代文ほどの違いがあるのではないでしょうか?

未だ文章力が何なのか分かっていませんが、場面場面で求められる文章の違いは、最近になって
なんとなくわかるようになりました。

ということで、無償に記事が書きたくなり、以前作ったこのブログを思い出し更新したまでです。

以前と同じように途切れ途切れの更新になると思いますが、気が向いた時に記事を書いていきたいと思います。

まとめ


いつどこで何が起こるなんて誰にもわかりません。
私も、「もうブログを書くことはないんだろうな~」と思っていたくらいです。
挫折しかけていた私の心を蘇らせてくれたネブサリには本当に感謝しています。

ブログアフィリエイトに興味のある人は是非一度覗いてみてください。
きっと勉強になると思います。

突発的な一人暮らしを最少額で乗り切った時の話

2015-07-24_193649.jpg
これは1年前の話です。仕事の関係で急に一人暮らしが必要になりました。

その時のことを思い出しながら反省を交えて書いて見ます。


急な一人暮らしが必要になった時に用意した物


仕事の関係で急に一人暮らしすることになりました。以前もこのような経験がありましたが
当時は赴任期間が短期ということが前提でしたので、全て会社が準備してくれていました。

今回は滞在期間が未定(結果的に1年と短期な滞在でしたが・・・)ということで、部屋以外は
全て自身での準備でした。

転勤族でないので、当然引越に慣れていません。

となると、何を準備すればいいの?となるわけです。

パッと思い浮かぶのは水光熱の開通くらいでした。本格的な引越であれば、家財道具の準備とか
色々とあるので、時間をかけてゆっくりと揃えればいいのですが、今回の引越で自分をもっとも
悩ませたのが、滞在期間が未定という部分です。

家財道具を揃えても、またすぐに実家に戻ることになるのであれば、揃えた家財道具が無駄に
なりますし、揃えなければ何かと不便です。

なので、「必要最低限かつ不自由のない生活をする」ことを目標に以下の物を初期装備として
揃えました。

・パソコン
・布団
・TV
・冷蔵庫(新規購入)
・エアコン(新規購入)
・物干し竿(新規購入)
・衣類(1週間着回しができる分)
・PS3
・洗面具
・ラップ、皿(2枚)、お椀(1個)

これを初期装備として準備しました。

住み始めてから、追加購入したものは以下の通りです。

・電気ポット
・電子レンジ(中古購入)
・箸、スプーン、皿(3枚)、丼ぶり(3個)

今回の一人暮らしを振り返って


我ながら完璧だった様に思います。準備したリストを見て頂ければわかると思いますが、
調理器具はなに一つありません。

健康上あまり良くないのかもしれませんが、最初は外食ばかりでした。
しかし、外食ばかりだとお金の消費が半端ないんですよね。1週間が過ぎたくらいから
外食は減らしていきました。

同時に購入したのが電気ポット、これは大活躍でした。カップラーメンを作れるようになったので
外食をやめて、カップラーメン中心の生活になりましたが、やはり毎日カップラーメンだと飽きがきます。

次に購入したのが電子レンジです。これの導入のお陰でかなり快適な食生活になりました。
電子レンジ一つで色んな物が作れるんです。

空腹が満たされれば仕事にも集中できる。こんな感じでカップラーメン、レンチン、外食に加え
閉店間際のスーパーで弁当や惣菜を買って生活していました。

寝る所があって、暖を取る場所があって、空腹が満たせる。
正直一人暮らしはこれだけで充分。

一人暮らしを終えて実家に戻る時は以下の物をリサイクルショップに売り払いました。

・冷蔵庫
・エアコン
・物干し竿
・電子レンジ


今回の一人暮らしの反省点


突発的な一人暮らしでしたので、なるべく無駄な出費を控えたつもりでしたが、
やはり無駄な出費がかさみました。

それが

・エアコン
・冷蔵庫

でした。

というのも、引越と同時にこの2つを新品で購入したのですが、後々リサイクルショップの存在を
思い出して、そこで電子レンジを中古で購入したわけですが、その時に気づいたのです。

エアコンも冷蔵庫もリサイクルショップで買えたのです。

食費も、無駄な購入品も抑えることができたのですが、この二つだけは失敗でした。

エアコン(8万:取付費込み)、冷蔵庫(4万)
この二つを売却した時の金額は2万5千円でした。

これをリサイクルショップで購入していれば、半値以下の金額に抑えれていたのです。

まとめ


凄くくだらない内容ですが、突発的な一人暮らしを最少額で乗り切るでした。

この経験を通して学んだのは、リサイクルショップの重要性でした。
意外とあるんですよね、宝が。

あなたにも突発的に一人暮らしをする期会が訪れるかもしれません、その時の
参考になればと思い書いてみました。

あ、ちなみに洗濯~乾燥まで全てコインランドリーですw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。